メインメニュー
お知らせ
学校紹介
事務課より

 自然災害発生のおそれがある時の登校について
 
1 公共交通機関が運休の場合
(1) 公共交通機関を利用している生徒は、自宅待機とする。正午までに運行が再開された場合は、安全に十分注意して登校する。
(2) その他の生徒は、安全に十分注意して登校する。ただし、危険だと判断した場合は自宅待機し、通学上の安全が確保されてから登校する。
 
2 各種警報が発令されている場合
(1) 暴風を伴う警報が発令されている場合
   自宅待機とする。正午までに警報が解除された場合は、安全に十分注意して登校する。
(2) 津波警報が発令されている場合
   自宅待機とし、各家庭において安全確保のための対処をする。避難指示等が出ている場合はそれに従う。正午までに警報が解除された場合は、安全に十分注意して登校する。
(3) 特別警報又は大津波警報が発令されている場合
   自宅待機とし、各家庭において安全確保のための対処をする。避難指示等が出ている場合はそれに従う。
 
3 その他の注意事項
(1) 上記以外の警報が発令されている場合は、原則として、安全に十分注意して登校する。
(2) 公欠等の扱いについては後日、いろいろな事情等を考え合わせた上で処理を決定する。
(3) 本規定により対応できない事態が生じた場合を除いて、原則として学校への問い合わせは行わないこと。また、被災したり不測の事態が生じたりした場合は、十分に安全を確保した上で学校へ連絡すること。
 
平成30年4
月9日
愛媛県立吉田高等学校



Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 愛媛県立吉田高等学校