非常変災時の対応

自然災害発生のおそれがある時の登校について

1 公共交通機関が運休の場合
 (1) 公共交通機関を利用している生徒は自宅待機とする。正午までに運行が再開された場合は、安全に十分注意して登校する。
 (2) その他の生徒は安全に十分注意して登校する。ただし、危険だと判断した場合は自宅待機し、通学上の安全が確保されてから登校する。

2 各種警報が発令されている場合
 (1) 特別警報又は大津波警報が発令されている場合
   自宅待機とし、各家庭において安全確保のための対処をする。避難指示等が出ている場合はそれに従う。
 (2) 津波警報が発令されている場合
   自宅待機とし、各家庭において安全確保のための対処をする。避難指示等が出ている場合はそれに従う。正午までに警報が解除された場合は、安全に十分注意して登校する。
 (3) 暴風を伴う警報が発令されている場合
   自宅待機とする。正午までに警報が解除された場合は、安全に十分注意して登校する。
 (4) 大雨警報と土砂災害警戒情報がともに発令されている場合
   自宅待機とし、各家庭において安全確保のための対処をする。避難指示等が出ている場合はそれに従う。正午までに警報が解除された場合は、安全に十分注意して登校する。
 (5) 警戒レベル4避難勧告や避難指示(緊急)又は警戒レベル5災害発生情報が発令されている場合
   避難勧告や避難指示(緊急)が発令され次第、危険な場所から避難する。対象地域以外の生徒は自宅待機とし、各家庭において安全確保のための対処をする。正午までに避難勧告が解除された場合は、安全に十分注意して登校する。

3 その他の注意事項
 (1) 上記以外の警報が発令されている場合は、原則として、安全に十分注意して登校する。
 (2) 公欠等の扱いについては後日、いろいろな事情等を考え合わせた上で処理を決定する。
 (3) 被災したり不測の事態が生じたりした場合は、十分に安全を確保した上で学校へ連絡すること。